宇宙を旅する : 素粒子から銀河へ

J.ジェスパーセン, J.フィツ=ランドルフ 著 ; 河合光路 訳

この宇宙は何から出来ていて、どんな仕組みで動いているのでしょうか。また、宇宙の果ての向こうには何があるのでしょう。宇宙最後の日はくるのでしょうか。謎は際限もなく広がっていきます。この本は、最小の粒子から最大の銀河まで、宇宙を支配する法則をさぐる探検物語です。まずは、なぜ地球が空虚の中に浮かんでいられるのかを考えることから、宇宙への旅に出発しましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 カンガルー、その他のことについて
  • 2 どこまで行っても象
  • 3 巨人の肩に乗って
  • 4 エーテルはどこに
  • 5 原子の再発見
  • 6 そこになかった電子
  • 7 すべては相対的
  • 8 電子のなかの幽霊
  • 9 重力は実在か
  • 10 非常に特異なこと
  • 11 粒子の動物園
  • 12究極の只食い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙を旅する : 素粒子から銀河へ
著作者等 Fitz-Randolph, Jane
Jespersen, James
河合 光路
フィツ・ランドルフ ジェーン
ジェスパーセン ジェームズ
書名ヨミ ウチュウ オ タビスル
書名別名 From quarks to quasars

Uchu o tabisuru
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.7
ページ数 194p
大きさ 21cm
ISBN 4000050761
NCID BN03724294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89052461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想