マゼランが来た

本多勝一 文 ; 谷川明生 写真

初の世界一周をなしとげ、「栄光」に輝くマゼラン艦隊。しかし、その艦隊が寄港した南米大陸、マリアナ諸島などの先住民からみれば、マゼランたちは略奪・暴行・虐殺を尽くす民族絶滅の尖兵だった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ラプラプ王の戦い
  • ツピナンバ人がたどった道
  • 大平原の巨人は今
  • 「火の島」の住人たち
  • 極南の海洋民族
  • 南太平洋の楽園で
  • 海賊艦隊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マゼランが来た
著作者等 本多 勝一
谷川 明生
書名ヨミ マゼラン ガ キタ
書名別名 Mazeran ga kita
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1989.7
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4022560010
NCID BN0372319X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89055587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想