バガヴァッド・ギーター : 古代印度宗教詩

辻直四郎 著

[目次]

  • 目次
  • 總說 / p3
  • 第一節 バガヴァッド・ギーター / p3
  • 第二節 クリシュナ、バーガヴァタ派 / p8
  • 第三節 ギーターの年代 / p18
  • 第四節 ギーターと他の哲學宗敎諸派との關係 / p21
  • イ、 サーンキャ / p21
  • ロ、 ヨーガ / p25
  • ハ、 ヴェーダーンタ / p27
  • ニ、 ミーマーンサー / p30
  • ホ、 佛敎 / p31
  • ヘ、 キリスト敎 / p32
  • 第五節 ギーターの傳承と硏究 / p33
  • イ、 流通本 / p34
  • ロ、 カシュミール傳本 / p35
  • ハ、 印度の注釋書 / p36
  • ニ、近代の硏究 / p37
  • 第六節 韻律と言語 / p40
  • 第七節 本書の內容 / p41
  • 本論 / p45
  • 第一章 靈魂と肉體 / p45
  • 第一節 プルシャ(個我)とプラクリティ(原質) / p45
  • 第二節 田(肉體)と知田者(個我) / p53
  • 第三節 グナ說 / p60
  • 第二章 神 / p68
  • 第一節 ギーターの神 / p68
  • 第二節 神と二大原理との關係 / p69
  • 第三節 神の幻力(マーヤー) / p74
  • 第四節 神の權化(アヴァターラ) / p77
  • 第五節 神體の示現 / p80
  • 第六節 神の恩惠 / p86
  • 第七節 神とブラフマン / p90
  • 第三章 輪廻 / p104
  • 第四章 道德 / p114
  • 第一節 善と惡 / p114
  • 第二節 本務の遂行 / p122
  • 第三節 平等觀 / p131
  • 第四節 祭祀觀 / p136
  • 第五章 解脫の道 / p142
  • 第一節 ヨーガの語義 / p142
  • 第二節 ジュニャーナ・ヨーガ(智道) / p146
  • 第三節 カルマ・ヨーガ(行道) / p150
  • 第四節 バクティ・ヨーガ(信道) / p170
  • 第五節 ヨーガ觀法 / p175
  • 第六節 諸道の關係 / p184
  • 第六章 解脫 / p191
  • 結語 / p196
  • 附錄 主要文獻 / p199
  • 一、 文獻目錄 / p199
  • 二、 出版 / p200
  • 三、 飜譯 / p205
  • 四、 カシュミール傳本その他 / p212
  • 五、 注釋 / p215
  • 六、 硏究 / p217
  • イ、 內容一般 / p217
  • ロ、 原典成立史の問題 / p220
  • ハ、 カータカ・ウパニシャッド等との關係 / p223
  • ニ、 キリスト敎との關係 / p224
  • ホ、 特殊硏究(語義・語法等) / p226
  • ヘ、 ギーター文學 / p229
  • ト、 ヴィシュヌ派の歷史 / p230
  • 引用個所索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 バガヴァッド・ギーター : 古代印度宗教詩
著作者等 辻 直四郎
書名ヨミ バガヴァッド ギーター : コダイ インド シュウキョウシ
出版元 刀江書院
刊行年月 1950
版表示 再版
ページ数 231p
大きさ 22cm
NCID BA33408520
BN03720577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51002414
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 サンスクリット
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想