密教の哲学

金岡秀友 著

人の心の深淵に眼をひらき、そこで成就される個と全との神秘的な合一に、初めて確かな洞察を向け、それを全身的に把握する実践と儀礼の体系をつくり、上げた密教-。本書は、空海が体系化した教学を中心に、密教のもつ世界観・認識論・実践哲学・仏陀論などの基本的な構造を明らかにした。2千年に及ぶインド仏教の歴史全体の結実であり、また、仏教伝播の総決算ともいわれるその神秘思想に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 密教とは
  • 第2章 密教の形而上学-阿字・六大の哲学
  • 第3章 密教の認識論-マンダラの哲学
  • 第4章 密教の仏陀観
  • 第5章 密教の実践哲学-三密と戒
  • 第6章 密教の周辺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 密教の哲学
著作者等 金岡 秀友
書名ヨミ ミッキョウ ノ テツガク
書名別名 Mikkyo no tetsugaku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.7
ページ数 340p
大きさ 15cm
ISBN 4061588842
NCID BN03720089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想