マス・コミュニケーション要論

千葉雄次郎 編

[目次]

  • 目次
  • I 現代のジャーナリズム / p1
  • 1.言論の自由と責任 / p2
  • 1 言論の自由とは何か / p3
  • 2 「言論の自由」の概念 / p5
  • 3 言論の自由現実の過程 / p9
  • 4 マス・メディアの発達と言論の自由 / p14
  • 5 言論の自由と責任をめぐる問題 / p17
  • 2.新聞ジャーナリズム / p22
  • 1 ジャーナリズムとは何か / p22
  • 2 新聞ジャーナリズムの変容 / p23
  • 3 現代ジャーナリズムの特質と問題点 / p29
  • 3.放送ジャーナリズム / p38
  • 1 ジャーナリズムと放送 / p38
  • 2 放送ジャーナリズムにおける公共性と商業性 / p40
  • 3 放送ジャーナリズムにおける制作の問題 / p47
  • 4 放送ジャーナリズムと技術革新 / p51
  • II コミュニケーションの過程 / p55
  • 1.コミュニケーションの社会的構造 / p56
  • 1 コミュニケーション 社会的情報処理過程 / p57
  • 2 社会的コミュニケーションの三つの過程 / p58
  • 3 人間の情報処理-第2信号系 / p60
  • 4 コミュニケーションと社会体系 / p63
  • 5 回路の保守的機能と革新的コミュニケーション / p66
  • 6 創造的コミュニケーションとマス・コミ / p69
  • 7 マス・コミの特質 / p71
  • 2.コミュニケーションの流れ / p77
  • 1 問題の所在 / p77
  • 2 「2段の流れ仮説」の誕生 / p80
  • 3 「2段の流れ仮説」検証への努力 / p83
  • 4 「2段の流れ仮説」の修正と発展 / p90
  • 5 伝播研究との出会い / p94
  • 6 情報の流れと影響の流れ / p99
  • 3.コミュニケーションと社会体系 / p106
  • 1 社会体系の調整作用 / p106
  • 2 環境監視とコミュニケーション / p108
  • 3 政策決定とコミュニケーション / p110
  • 4 組織化とコミュニケーション / p113
  • 5 緊張解消とコミュニケーション / p114
  • 6 文化の維持とコミュニケーション / p116
  • III 現代社会とマス・コミ(1) / p121
  • 1.地域社会とマス・コミ / p122
  • 1 ローカル・メディア研究の系譜と問題点 / p122
  • 2 都市化過程における地域社会の発見とコミュニケーション活動 / p128
  • 3 コミュニティ・ペーパー成立の可能性とその条件 / p132
  • 2.社会体制とマス・コミ / p139
  • 1 機関紙という性格 / p140
  • 2 批判のルール / p141
  • 3 プリミティヴ・メディアの発達 / p145
  • 4 受け手の統制 / p148
  • 5 コミュニケーションの二重構造 / p150
  • IV 現代社会とマス・コミ(2) / p157
  • 1.現代世論の論理と構造 / p158
  • 1 近代民主主義と世論 / p159
  • 2 現代民主主義と世論 / p161
  • 3 現代世論の3類型 / p164
  • 4 現代世論の指導的中核 / p169
  • 5 現代世論の力動的構造 / p171
  • 2 大衆消費社会と広告 / p174
  • 1 マス・メディアと広告 / p174
  • 2 広告によるアイディアの自己増殖作用 / p178
  • 3 新しい意味の指定機能 / p183
  • 4 広告の最終的判定者としての集合的判断 / p187
  • 3.余暇文明とマス・コミ / p190
  • 1 生活時間とレジャー / p190
  • 2 現代レジャーの特質 / p194
  • 3 基礎的自由時間と随意的自由時間 / p199
  • 4 余暇文明とマス・コミ / p205
  • 参考文献一覧 / p209
  • 索引 / p213

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マス・コミュニケーション要論
著作者等 千葉 雄次郎
書名ヨミ マス コミュニケーション ヨウロン
書名別名 Masu komyunikeshon yoron
シリーズ名 有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1968
ページ数 218p
大きさ 19cm
NCID BN03713254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68013775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想