図説日本の仏教  第3巻

浜島 正士【編】

末法到来の恐怖に捕われた人々は、源信や法然に導かれて極楽往生を切望し、来迎の阿弥陀像にすがり、現世の浄土=鳳凰堂などを生んだ。祈りの芸術は美の極みへと昇華する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 浄土信仰と法華経信仰
  • 第1章 比叡山の念仏と天台浄土数
  • 第2章 貴族社会の浄土信仰
  • 第3章 浄土・法華信仰の諸仏と行堂
  • 第4章 浄土宗の成立と祖師信仰
  • 終章 浄土宗と鎌倉新仏教
  • 特集(本覚思想
  • 往生の香り・死の臭い
  • 光明と白道
  • 装飾経
  • 講式
  • 女人と仏教
  • 法衣
  • 浄土教と儀礼)
  • グラフ特集(変相図の源流
  • みちのくの極楽浄土
  • 融通念仏縁起)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説日本の仏教
著作者等 浜島 正士
書名ヨミ ズセツ ニホン ノ ブッキョウ
書名別名 浄土教

Zusetsu nihon no bukkyo
巻冊次 第3巻
出版元 新潮社
刊行年月 1989.7
ページ数 381p
大きさ 29cm
ISBN 4106026031
NCID BN03706441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89056628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
浄土教 浜島 正士
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想