沖縄人にとっての戦後

いれいたかし 著

[目次]

  • 目次
  • 一 南島人の歴史意識
  • I 古びとの島 / 3
  • II 苦世の時代 / 13
  • 二 島の戦争体験
  • I 伊是名島-一九三五年 / 32
  • II 枕酒と泡盛-一九四〇年 / 53
  • III 島共同体の生理-一九四五年 / 62
  • 三 「復帰」前後
  • I 琉球大学-一九五四年 / 77
  • II 二・四ゼネスト-一九六九年 / 90
  • III 幻の「復帰」-一九七二年 / 105
  • IV 自閉の日常-一九七五年 / 119
  • 四 崩壊する風土
  • I 陰画としての沖縄 / 137
  • II イザイホーの島で / 151
  • III 琉球の芸能 / 170
  • IV 海腐れの時代へ / 195
  • あとがきに代えて / 209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 沖縄人にとっての戦後
著作者等 いれい たかし
伊礼 孝
書名ヨミ オキナワジン ニ トッテノ センゴ
書名別名 Okinawajin ni totteno sengo
シリーズ名 朝日選書 ; 201
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1982.3
ページ数 215p
大きさ 19cm
NCID BN03705438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82023718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想