電波障害ハンドブック

神戸幸生 著

我が国の電波障害防止技術の第一人者である筆者が、無線局障害対策について画質評価に始まって障害の判定、対策について徹底的な解説を行っているほか、建造物障害やその他の電波障害についても、昭和36年以来、電波障害防止対策の基礎研究に取り組んできた豊富な経験と卓越したアイデアに基づいて膨大なデータを整理し、アマチュア無線局から共聴設備の技術者に至るまで、最も実用的な指導書として著わした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 無線局障害対策(テレビの画質について
  • TVIの量の判定
  • 評価の限界値 ほか)
  • 第2章 建造物障害(概況と実態
  • 検討事項と法的見解
  • ゴーストの分析と評価 ほか)
  • 第3章 その他の電波障害および諸資料(回路の断続による障害
  • 雑音防止器
  • 回転機類による障害 ほか)
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電波障害ハンドブック
著作者等 神戸 幸生
書名ヨミ デンパ ショウガイ ハンドブック
書名別名 Denpa shogai handobukku
出版元 電波実験社
刊行年月 1980.5
版表示 第2版
ページ数 300p
大きさ 26cm
ISBN 4924518239
NCID BN03702305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80026800
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想