たたかう映画 : ドキュメンタリストの昭和史

亀井文夫 著

亀井文夫は、昭和16年反戦映画『戦ふ兵隊』のため逮捕投獄され、戦争責任を問う戦後第1作『日本の悲劇』もGHQに没収された。以後、東宝争議の指導や骨董屋の経営にも特異な才能を発揮しつつ、米軍基地、原水爆の恐怖、部落差別など戦後日本のタブーを衝く記録映画をつくり続ける-叛骨の映画監督のモンタージュ自伝。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たたかう映画 : ドキュメンタリストの昭和史
著作者等 亀井 文夫
谷川 義雄
書名ヨミ タタカウ エイガ
書名別名 Tatakau eiga
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.8
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4004300827
NCID BN03692427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89059618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想