現代化学講座  2

黒田晴雄 [ほか]編

熱力学は古典物理学の一つして既に確立したものであるが、物理化学の教育において欠くことのできない地位を占めている。その理由の一つは、熱力学において確立されたエネルギー概念は、現在の自然科学の基本概念の一つであり、その文脈において化学の理論も形づくられているからである。エネルギー概念の正しい理解なしに、現在の化学の理論体系を知ることはできない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 状態とエネルギー
  • 状態変化とエントロピー
  • 熱力学ポテンシャルと平衡状態
  • 化学反応と化学平衡
  • 実在系と多成分系
  • 相平衡と相転移
  • 外力場と界面相
  • 統計力学の方法
  • 非平衡状態

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代化学講座
著作者等 妹尾 学
書名ヨミ ゲンダイ カガク コウザ
書名別名 物理化学. 2 化学熱力学・統計力学

Gendai kagaku koza
巻冊次 2
出版元 朝倉書店
刊行年月 1989.7
ページ数 182p
大きさ 22cm
ISBN 4254145322
NCID BN03686898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89056967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想