家族関係の発達と危機

岡堂哲雄 編

経済的な豊かさとは裏腹に孤立化、脆弱化してゆく家族関係-。発達途上の家族が抱えるさまざまな問題を取り上げ、夫婦とは、親子とは、家族の絆とは何かを問う。家族の危機をどう乗り切るか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 発達し変貌する家族関係
  • 1 家族とは何か-家族関係への心理教育的な介入
  • 2 新婚期の家族過程と危機
  • 3 育児期の家族過程と危機-乳幼児をもつ家族
  • 4 発展期の家族過程と危機-学童をもつ家族
  • 5 充実期の家族過程と危機
  • 6 向老期の家族過程と危機
  • 7 老年期の家族過程と危機
  • 8 子どものない夫婦の家族過程と危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族関係の発達と危機
著作者等 内山 喜久雄
岡堂 哲雄
書名ヨミ カゾク カンケイ ノ ハッタツ ト キキ
書名別名 Kazoku kankei no hattatsu to kiki
シリーズ名 メンタルヘルス・シリーズ
出版元 同朋舎
刊行年月 1989.7
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 4810407829
NCID BN03684917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89054620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想