中世国語論考

近藤政美 著

[目次]

  • 第1部 天草版平家物語の研究(原拠本に関して
  • 問題の語句の原拠をめぐって
  • 問題の語句の解釈をめぐって
  • 口語訳の問題
  • 係助詞「ぞ」の性格について)
  • 第2部 キリシタン資料に関して(国字本『こんてむつすむん地』における動詞の上下二段活用の一段化について
  • ローマ字本『コンテムツス・ムンヂ』における敬語接頭辞「ゴ」「ギョ」「おん」「み」について
  • キリシタン資料における語頭のH表記の語について)
  • 第3部 平家物語に関して(鎌倉時代における形容詞の敬譲表現をめぐって
  • 三重敬語をめぐって
  • 助動詞「す」「さす」の受動を表わす用法について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世国語論考
著作者等 近藤 政美
書名ヨミ チュウセイ コクゴ ロンコウ
シリーズ名 研究叢書 70
出版元 和泉書院
刊行年月 1989.6
ページ数 384, 27p
大きさ 22cm
ISBN 4870883546
NCID BN03676045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89051571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想