大阪の歴史 : 史跡めぐり

岡本良一 著

大化改新で有名な難波の地大阪は、近世に入ると秀吉の大坂築城で一躍、大城下町に発展、江戸時代には、「天下の台所」として元禄文化の花を咲かせ、明治以後は大工業都市に変貌をとげます。日本史のなかで政治・経済・文化の主要舞台となった歩みを、大阪城をふりだしに史跡・文化財にそって紹介する大阪案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 蓮如と石山本願寺
  • 2章 城下町から町人のまちへ
  • 3章 2つの大阪城
  • 4章 水の都
  • 5章 天下の台所
  • 6章 花咲く元禄文化
  • 7章 輩出する町人学者
  • 8章 洗心洞と適塾
  • 9章 大坂城炎上
  • 10章 大坂から大阪へ
  • 11章 発展と苦難と
  • 終章 新時代の到来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大阪の歴史 : 史跡めぐり
著作者等 岡本 良一
書名ヨミ オオサカ ノ レキシ
書名別名 Oosaka no rekishi
シリーズ名 岩波ジュニア新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.6
ページ数 238, 8p
大きさ 18cm
ISBN 4005001602
NCID BN03673750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89044451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想