瓦と古代寺院  続

森郁夫 著

わが国の寺造りは畿内を中心に開始され、なかでも熱心に励んだのは飛鳥朝廷の構成員だった大和の豪族層であった。彼らが造った寺の多くはすでに遺跡となってしまったが、残された膨大な瓦を手掛りに豪族間のつながりを生き生きと描き出す古代史復原第二弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 飛鳥豪族の寺々(豊浦寺
  • 山田寺
  • 橘寺
  • 久米寺
  • 紀寺
  • 岡寺
  • 安倍寺と横大路沿いの寺々)
  • 第2章 帰化人の寺(坂田寺
  • 桧隈寺)
  • 第3章 平城京の寺々(造都前の寺
  • 興福寺
  • 大安寺
  • 西大寺
  • 唐招提寺)
  • 寺院所在地一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 瓦と古代寺院
著作者等 森 郁夫
書名ヨミ カワラ ト コダイ ジイン
シリーズ名 ロッコウブックス
巻冊次
出版元 六興
刊行年月 1991.5
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 4845350688
NCID BN03670774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91045292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想