適応合理主義

ガストン・バシュラール [著] ; 金森修 訳

1949年のパリ大学時代に書かれた本書は、30冊にも及ぶバシュラールの著作のなかでいわゆる「科学哲学系」に属する作品で、『科学的精神の形成』『合理的唯物論』と並ぶ代表的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対話する哲学
  • 第2章 教示する合理主義と教示される合理主義
  • 第3章 合理主義と連繋合理主義-証明を求める探究者たちの連合
  • 第4章 自己の知的な監視
  • 第5章 連続的同一性
  • 第6章 日常的認識と科学的認識
  • 第7章 領域画定的合理主義
  • 第8章 電気の合理主義
  • 第9章 力学と機械論
  • 第10章 圧電気-電気学と力学との二元論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 適応合理主義
著作者等 Bachelard, Gaston
金森 修
バシュラール ガストン
書名ヨミ テキオウ ゴウリ シュギ
書名別名 Le rationalisme appliqué. 3. éd
出版元 国文社
刊行年月 1989.6
ページ数 352p
大きさ 22cm
NCID BN03664465
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90010432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想