東インド会社 : 巨大商業資本の盛衰

浅田実 著

東方の夢、胡椒がシナモンが茶が、ロンドン庶民の食卓に到達した。「楽園」の物資を運ぶ東インド会社は、世界をヨーロッパに収斂させる。貿易を牛耳り、インドの支配者となった一大海商企業の盛衰とその時代を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 相つぐ東インド会社の設立
  • 第2章 胡椒・香料の輸入
  • 第3章 キャラコの輸入と重商主義
  • 第4章 巨大株式会社
  • 第5章 会社の組織と輸入商品
  • 第6章 南海会社
  • 第7章 南海景気と恐慌
  • 第8章 茶の輸入と中国貿易の開始
  • 第9章 ネイボップの時代
  • 第10章 商事会社から植民地支配者へ
  • 第11章 東インド会社の解散

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東インド会社 : 巨大商業資本の盛衰
著作者等 浅田 実
書名ヨミ ヒガシインド ガイシャ
書名別名 Higashiindo gaisha
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1989.7
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 4061489593
NCID BN03658203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89052608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想