日本経済の構造転換 : 変化を読む8視点

小峰隆夫 著

外にはグロバル化・ボーダレス化、内にはリストラクチャリングの進展など、ポスト円高の日本経済は、大変化を遂げつつある。何がどう変わったか、これからどうなるかを綿密に分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 "超円高"革命-日本経済を変身させたもの
  • 1 変わる成長の姿-輸出主導から内需中心へ
  • 2 変わる産業構造-内需に対応した供給構造へ
  • 3 変わる企業経営・産業組織-日本型経営・産業組織の変貌
  • 4 変わる雇用-変質する日本型雇用慣行
  • 5 変わる貿易構造-輸出大国から輸入大国へ
  • 6 変わるマネーの流れ-モノからマネーへ
  • 7 変わる国民生活-生産者の論理から生活者の論理へ
  • 8 変わる経済政策-進む規制緩和・国際協調

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の構造転換 : 変化を読む8視点
著作者等 小峰 隆夫
書名ヨミ ニホン ケイザイ ノ コウゾウ テンカン
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1989.7
ページ数 247p
大きさ 18cm
ISBN 4061489577
NCID BN03658101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89052295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想