源氏物語の思想と表現 : 研究と資料

紫式部学会 編

[目次]

  • 女の書く物語の発端(今井源衛)
  • 話型から表現へ-源氏物語「さすらふ」ノート(関根賢司)
  • 源氏物語の表現と深層テクスト-二条東院から六条院へ(東原伸明)
  • 源氏物語における発想の形式-広義の<思想>としての話型(島内景二)
  • 「幻」巻における光源氏の自己救済をめぐって(高橋文二)
  • 大君の結婚拒否追考-宇治十岾論序説(武原弘)
  • 源氏物語の観音寺院の在りよう(渕江文也)
  • 源氏の供人-主従関係の一面(柳井滋)
  • 源氏物語作中歌論(1)-"紫上晩歌"をめぐって(野村精一)
  • 資料篇・『源氏物語一部之抜書并伊勢物語』解題および翻刻(伊井春樹)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語の思想と表現 : 研究と資料
著作者等 紫式部学会
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ノ シソウ ト ヒョウゲン
書名別名 Genji monogatari no shiso to hyogen
シリーズ名 源氏物語 第11輯
古代文学論叢 第11輯
出版元 武蔵野書院
刊行年月 1989.7
ページ数 313p
大きさ 22cm
ISBN 4838601042
NCID BN0364723X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89053718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想