ローマ人盛衰原因論

モンテスキュー 著 ; 大岩誠 譯

古代に一大帝国を築き上げたローマはなぜ滅びたのか?今も強い関心をよぶこの問題に対し,共和制を放棄し帝制への移行が衰亡の原因であったと説く歴史論。ルイ14世の絶対主義批判を企図したモンテスキュー(1689〜1755)が、古代ローマを素材に歴史の法則性を追求したもので、『法の精神』『ペルシア人の手紙』とならぶ3部作の1つ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ローマの始まり
  • ローマのなした戦争
  • ローマ人における戦争の技術について
  • いかにしてローマ人は強大になることができたか
  • ローマ没落の2つの原因論
  • ローマ人の腐敗について
  • 国家内部における変化
  • ローマ人によって採用された新しい原則
  • 東帝国の無秩序〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次 / 3p
  • 第一章 一 ローマの創建 二 その戰 / 7p
  • 第二章 ローマ人社會における武術について / 17p
  • 第三章 どうしてローマ人は榮えることができたか / 24p
  • 第四章 一 ガルリア人 二 ピルルスについて 三 カルターゴとローマの對立 四 ハンニバル戰爭 / 28p
  • 第五章 カルターゴ人沒落後のギリシア、マケドニア、シリア、エジプトの形勢について / 41p
  • 第六章 あらゆる民族を支配するためにローマ人のとつた行動について / 54p
  • 第七章 ミトリダーテースはどうして彼らに抵抗することができたか / 68p
  • 第八章 都うちにいつも存在してゐた軋轢について / 72p
  • 第九章 ローマ滅亡の二原因 / 80p
  • 第十章 ローマ人の廢頽について / 87p
  • 第十一章 一 スルラについで 二 ポムペーイウスとカエサルについて / 91p
  • 第十二章 カエサルの死後におけるローマの情勢について / 107p
  • 第十三章 アウグスツス / 114p
  • 第十四章 ティベリウス / 125p
  • 第十五章 カーイウス・カリグラからアントーニヌスにいたる皇帝たちについて / 132p
  • 第十六章 アントニーヌスからプローブスにいたるまでの帝國の狀態について / 144p
  • 第十七章 國内における變化 / 158p
  • 第十八章 ローマ人のとつた新しい方針 / 168p
  • 第十九章 一 アッティラの興起 二 蠻族定住の原因 三 西ローマ帝國がまづ第一に滅ぼされた理由 / 176p
  • 第二十章 一 イウスティーニアーヌスの征服について 二 その政治について / 186p
  • 第二十一章 東ローマ帝國の擾亂 / 198p
  • 第二十二章 東ローマ帝國の衰微 / 204p
  • 第二十三章 一 東ローマ帝國の存續した理由 二 その潰滅 / 219p
  • 解說 / 229p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ローマ人盛衰原因論
著作者等 Montesquieu, Charles de Secondat
大岩 誠
栗田 伸子
田中 治男
モンテスキュー
書名ヨミ ローマジン セイスイ ゲンインロン
書名別名 Romajin seisui gen'inron
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1949
版表示 第3刷
ページ数 241p
大きさ 15cm
ISBN 4003400550
NCID BA31863967
BN00925110
BN03643545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21382286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想