東南アジアの社会学

北原淳 編

急速な工業化を進む東南アジアの社会構造を、フィリピン、インドネシア、タイの家族・親族、地域社会に焦点をあてて解明する。東南アジア社会学の画期的入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説(東南アジア社会の特徴
  • 東南アジアの家族・親族
  • 東南アジアの農村社会とその変化
  • 東南アジアの都市化と都市社会)
  • 2 フィリピン(フィリピンの農村社会
  • フィリピンの都市化・都市社会)
  • 3 インドネシア(インドネシアの家族・親族
  • インドネシアの農村社会-ジャワを中心として
  • インドネシアの都市化・都市社会)
  • 4 タイ(タイの家族・親族
  • タイの農村社会-東北タイの稲作農村を中心として
  • タイの都市化・都市社会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジアの社会学
著作者等 北原 淳
書名ヨミ トウナン アジア ノ シャカイガク
書名別名 家族・農村・都市
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1989.7
ページ数 294p
大きさ 19cm
ISBN 4790703568
NCID BN03641539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89047360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想