NHK大型ドキュメンタリー北極圏  2

NHK取材班 他著

極東シベリアの山間部を走る物資輸送の動脈コリマ街道。かつてスターリンの"粛清"が吹き荒れた恐怖の時代、何の罪科のない人々が政治囚として、この"寒極"の地のラーゲリ=強制収容所に送られ、金採掘に従事させられ、飢えと寒さで、百万人を越える人々が死に絶えた。ソビエト現代史のタブーに分け入り、"情報公開"最前線を伝える迫真のドキュメント。いま、人々は、"血塗られた歴史"を語り始めた。北極海に面したタイミル半島の永久凍土層には、いまなおマンモスの骨が大量に残っており、水を掛けて氷を解かすだけで骨を発掘することができる。ソ連科学アカデミーのマンモス発掘調査に同行し、人類の襲撃、気候の変化など、巨獣絶滅の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地球の屋根から、世界のいまが見える
  • グラスノスチ-情報公開人々は、いま事実を語り始めた
  • 第3集 世界で一番寒い町-マイナス70度・コリマ街道をゆく(世界で一番寒い町
  • 「立ち入り制限地区」の扉が開いた?-金公団の城下町マガダン
  • マイナス50度に挑む開拓者たち-金開発の動脈・コリマ街道に出発
  • ラーゲリ体験者を捜せ-金開発の犠牲者たちの証言
  • 「歴史の空白」への挑戦-ゴルバチョフ時代のスターリン批判
  • ラーゲリに立つ-強制労働、大量虐撮の現場
  • ペレストロイカ-人の心の建て直し)
  • 第4集 探検・マンモスの墓場-永久凍土を掘る(科学探険マンモスを捜せ!-ツンドラに眠る巨象をもとめて
  • ツンドラ湾岸地帯に追う-マンモスの聖域へ
  • 消えたマンモス草!-なぜマンモスは絶滅したのか
  • 偶然への挑戦-マンモスの"墓場"発掘)
  • 永久凍土-シベリアの凍った大地
  • 失われた古代像の謎-マンモス動物群の語るもの
  • 民話からみたシベリア
  • 老学者ヴェレシチャーギン氏の「散歩」
  • 白夜のシベリア平原
  • ソ連文化界のペレストロイカ
  • アルバート通りのモスクワ市民
  • 北極圏への誘い!-グラスノスチ最前線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NHK大型ドキュメンタリー北極圏
著作者等 日本放送協会
日本放送協会取材班
NHK取材班
書名ヨミ エヌエイチケイ オオガタ ドキュメンタリー ホッキョクケン
書名別名 探険・マンモスの墓場 : 永久凍土を掘る

世界で一番寒い町 : マイナス70度・コリマ街道をゆく
巻冊次 2
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1989.5
ページ数 189p
大きさ 28cm
ISBN 4140086327
NCID BN03634318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89044951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想