地震百科

高橋博 ほか編

[目次]

  • 目次
  • 〔第一編 地震がくる前の対策〕 / 1
  • 第一章 危険な地盤 / 3
  • 一 すまいと地盤 / 4
  • 二 台地では / 8
  • 三 低地のときは / 15
  • 四 山地の場合 / 19
  • 五 断層や地盤の動きで / 22
  • 六 対策について / 26
  • 第二章 すまいを見直そう / 31
  • 一 各種家屋の構造 / 33
  • 二 へい、門の構造と防災対策 / 82
  • 三 すまいの付属設備は点検してありますか? / 93
  • 四 家具などの防災対策(含固定法) / 118
  • 第三章 地震時の火災を防ぐためには / 125
  • 一 地震で恐ろしいのは火災だ / 126
  • 二 地震火災は何から起こるか / 126
  • 三 その時あなたはどのように行動するか / 129
  • 四 火災を起こさないためには / 131
  • 五 初期消火(火災を大きくしないために!) / 139
  • 第四章 避難と救助はこんな要領で / 161
  • 一 避難はおちついて行動しよう / 162
  • 二 避難の前にまず初期消火を / 163
  • 三 煙から安全に避難するには / 167
  • 四 人を救助するには / 175
  • 第五章 救護と応急手当て / 187
  • 一 災害に立ち向う基本姿勢 / 189
  • 二 災害に対する個人の対策 / 190
  • 三 災害時の人間心理と行動 / 191
  • 四 災害時の医療救護の問題点 / 193
  • 五 生き残るための行動と準備 / 196
  • 六 救急処置の実際(I) / 199
  • 七 救急処置の実際(II) / 215
  • 第六章 ふだんから自主防災と訓練を / 223
  • 一 自主防災組織はなぜ必要か / 224
  • 二 自主防災組織と編成 / 229
  • 三 防災訓練はあなたの命を守る / 234
  • 四 市民消火隊の活動要領 / 237
  • 五 商店の防災対策 / 248
  • 〔第二編 大地震が起こったときの心得〕 / 253
  • 第一章 大地震時にはこのような行動が命を守る / 255
  • 一 建物内での行動 / 257
  • 二 屋外での行動は / 278
  • 三 乗り物に乗っていたとき / 288
  • 四 大きい揺れがおさまったら / 295
  • 五 安全に避難するためには / 298
  • 第二章 警戒宣言の出たときの心得 / 303
  • 一 警戒宣言に備えて / 304
  • 二 警戒宣言の発令まで / 308
  • 三 警戒宣言が出たら-市民のとるべき行動基準 / 311
  • 第三章 被災者に必要な法律上の知識 / 323
  • 一 証券、証書の種類 / 324
  • 二 証券をなくしたとき / 326
  • 三 土地境界線が不明になったとき / 331
  • 四 マンションの問題 / 332
  • 五 火災保険、地震保険のあらまし / 335
  • 六 現金引出しの問題 / 336
  • 七 その他 / 337
  • 〔参考資料I〕 震度の階級 / 28
  • 〔参考資料II〕 地震のマグニチュード / 30
  • 〔参考資料III〕 明治以降のおもな被害地震 / 124
  • 〔参考資料IV〕 大地震のときの心得 / 160
  • 〔参考資料V〕 大規模地震対策特別措置法(抜すい) / 220

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地震百科
著作者等 高橋 博
書名ヨミ ジシン ヒャッカ
書名別名 Jishin hyakka
出版元 白亜書房
刊行年月 1980.9
ページ数 342p
大きさ 19cm
NCID BN03632469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80043346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想