シベリア出兵 : 革命と干渉1917-1922

原暉之 著

革命の波に洗われるシベリア。干渉・侵略から無惨に敗れた日本軍。新資料を駆使して歴史の闇に埋もれたシベリア出兵の実相に迫る。布告なしに戦端を開き、厖大な人員と戦費を注ぎ込みながら抵抗闘争と国際的非難の中で撤退したこの戦争は、現代日本の歴史に重要な意味をもっている。この戦争から何を学び何を学ばなかったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本海をこえて
  • 世界最長の鉄道
  • 帝政ロシアの終焉と日露協商の翳り
  • 革命の東漸<1>2月から10月へ
  • ペトログラート・パリ・東京
  • 革命の東漸<2>「凱旋行進」
  • 欧州勢力の日本海突出を防止し…
  • 前哨戦のはじまり
  • ブレスト講和から陸戦隊上陸へ
  • 特別満州里支隊
  • 在華旧ロシア勢力
  • 自治シベリア臨時政府
  • 干渉構想の確立
  • 「武装独墺俘虜」とは何か
  • チェコスロヴァキア軍団
  • 本格的干渉への移行
  • 無名の師
  • 民主主義的反革命から軍事独裁へ
  • パルチザン戦争
  • 岐路に立つ日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シベリア出兵 : 革命と干渉1917-1922
著作者等 原 暉之
書名ヨミ シベリア シュッペイ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.6
ページ数 574, 25p
大きさ 22cm
ISBN 448085486X
NCID BN03632287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89049778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想