国際マネー戦争

及能正男 著

円高ドル安にもかかわらず、ドルが国際通貨NO1の理由。自由で無国籍、拡大するユーロ市場の実態。世界を震撼させたブラジルやメキシコのデフォルト危機。突出する日本の金融資産とアメリカの巨額な対外債務。各国マネー・センター間の争闘、米ソの世界金融戦略など、マネーという怪物を介して演じられる、もう一つの戦争の実態と行方を解読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代の妖怪-国際金融問題の展開
  • 2 アメリカの金融的支配力
  • 3 ユーロ市場-ドルの裏返しの世界
  • 4日本の経済と金融のオーバープレゼンス
  • 5 暗く不吉な影-債務累積問題の真の脅威
  • 6 国際金融ゲームの諸相
  • 7 国際金融の背後の世界
  • エピローグ マネー戦争の行きつく先

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際マネー戦争
著作者等 及能 正男
書名ヨミ コクサイ マネー センソウ
書名別名 Kokusai mane senso
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1987.10
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 4061488724
NCID BN03625758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88005185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想