数学をきずいた人々

矢野健太郎 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • 1 現代の学問への契機をつくる / p11
  • ギリシアの数学者
  • <1> 数学の父ターレス
  • <2> 図形とピタゴラス
  • <3> 数とピタゴラス
  • <4> 詭弁学派の研究した三大難問
  • <5> 詭弁学派の逆説
  • <6> 数学とプラトン学派
  • <7> 聖書につぐユークリッドの著作
  • <8> 入浴中に大発見したアルキメデス
  • <9> ギリシア数学の最後をかざった人々
  • 2 現代数学への発足 / p75
  • 十六世紀の数学者
  • <1> 光をかかげた人ダ・ビンチ
  • <2> どもりの独学者タルタリア
  • <3> 狂天才カルダノ
  • 3 黄金時代をきずく / p97
  • 十七世紀の数学者
  • <1> 事実をつぶやくガリレイ
  • <2> 対象を提供したケプラー
  • <3> 解析幾何学を発見したデカルト
  • <4> 微分学のフェルマー
  • <5> 射影幾何学と確率論のパスカル
  • <6> 微・積分学のニュートンとライプニッツ
  • 4 微・積分学を推進した世紀 / p131
  • 十八世紀の数学者
  • <1> 推進力となったベルヌーイ一家
  • <2> 世紀最大の数学者オイラー
  • <3> その後の推進者たち
  • 5 現代数学への足がかり / p149
  • 十九世紀の数学者
  • <1> 新局面の開拓者ガウス
  • <2> 微・積分学の基礎を確立したコーシー
  • <3> 非ユークリッド幾何学を発見した人々
  • <4> 若くして世を去ったアーベル
  • <5> 非劇の天才ガロア
  • <6> 非ユークリッド幾何学に新生面を与えたリーマン
  • <7> 「切断」のデデキント
  • <8> 集合論の創始者カントール
  • <9> 研究の広さに空前絶後のポアンカレ
  • 6 多種多様な問題と人 / p195
  • 二十世紀の数学者
  • <1> 二十世紀の課題を示したヒルベルト
  • <2> 類体論の高木貞治
  • <3> 相対性理論のアインシュタイン

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 数学をきずいた人々
著作者等 矢野 健太郎
書名ヨミ スウガク オ キズイタ ヒトビト
書名別名 Sugaku o kizuita hitobito
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1966
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4061154893
NCID BN03624664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66008887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想