メキシコの輝き : コヨアカンに暮らして

黒沼ユリ子 著

メキシコが誇る反骨の壁家画ディエゴ・リベラ、そして彼をとりまくフリーダ・カーロ、ブルトン、トロツキー…。芸術家や革命家を魅了して止まなった文化都市コヨアカンに、著者は子供のためのバイオリン学校を設立する。その波蘭万丈のドラマを縦糸に、そして自らがたどる巨匠たちの足跡を横糸に織りなす、燦光きらめくメキシコ案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夜明けの夢
  • コヨアカン昔・今
  • バイオリン、メキシコの子どもたちと私
  • サン・フェリッペと長崎
  • 天性の画家ディエゴ・リベラ
  • アンドレ・ブルトンとメキシコ
  • そして今、コヨアカンで思う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メキシコの輝き : コヨアカンに暮らして
著作者等 黒沼 ユリ子
書名ヨミ メキシコ ノ カガヤキ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.7
ページ数 226, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4004300797
NCID BN03611480
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89054516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想