カール・バルト戦後神学論集 : 1946-1957

井上良雄 編訳

本書は、カール・バルトの戦後の論説でまだ邦訳されていないもののうち、重要なものあるいは興味深いと思われるものを集めて、1巻とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キリスト教倫理
  • 今日のヨーロッパにおけるキリスト教宣教
  • 神の自由な恵みの使信-バルメン宣言第6テーゼ
  • キリストとわれらキリスト者
  • 啓示のキリスト教的理解
  • 今日の青年-彼らへの遺産と彼らの責任
  • 真実の教会
  • 自由という贈物-福音主義倫理学の基礎づけ
  • 神の人間性
  • 19世紀の福音主義神学
  • イエスと群衆
  • 日本の友へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カール・バルト戦後神学論集 : 1946-1957
著作者等 Barth, Karl
井上 良雄
バルト カール
書名ヨミ カール バルト センゴ シンガク ロンシュウ
出版元 新教出版社
刊行年月 1989.6
ページ数 355p
大きさ 20cm
ISBN 440032379X
NCID BN03611210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89047287
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想