未来は女のものか

リン・シーガル 著 ; 織田元子 訳

80年代の<性差強調><男性排除>の理論を批判し、フェミニズムの創造的・挑戦的な発展のための戦略を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 弱者の慰め-ポピュラー・フェミニズムの主題(女の美徳
  • 女と「自然」
  • 女性解放と男性問題
  • メアリ・デイリーの心の旅
  • デイル・スペンダーと「女だけの別世界」)
  • 前進ではなく、後退-社会主義フェミニズムの末路(ちぐはぐな発展
  • 社会主義フェミニズムの盛衰
  • 女性解放運動の分裂
  • 黒人フェミニズムの視点
  • ある時代の終わり)
  • 美女と野獣 1-性と暴力(「性解放」への道
  • 60年代を顧みて
  • 女性解放と性的快楽の探究
  • 男の性暴力に直面して
  • 性科学とフェミニズム性理論 ほか)
  • 美女と野獣 2-セックス、ジェンダー、母親業(「性役割」の学習
  • フロイトへの回帰とフェミニズム
  • 精神分析フェミニズムの可能性と問題点
  • 対象関係論フェミニズムとジェンダーの構築
  • 新しい心的本質主義 ほか)
  • 美女と野獣 3-男、女、戦争(グリーナム・コモンと女性平和運動
  • 女と戦争
  • 男性性、暴力、戦争
  • 生物学的説明の利用と濫用 ほか)
  • 敵でも、愛する友でもなく-フェミニズム、左翼、未来(フェミニズム、さらに広い政治的コンテクスト
  • 左翼のなかのフェミニズム論争
  • フェミニスト・プロジェクト
  • フェミニズムによる抵抗と改革のための新しい空間 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未来は女のものか
著作者等 Segal, Lynne
織田 元子
シーガル リン
書名ヨミ ミライ ワ オンナ ノ モノ カ
書名別名 Is the future female?
出版元 勁草書房
刊行年月 1989.6
ページ数 385, 29p
大きさ 20cm
ISBN 4326651075
NCID BN03603347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想