神経回路網モデルとコネクショニズム

甘利俊一 著

今、認知科学でもっともホットな脳の並列分散処理の可能性と限界をその基礎となる原理からていねいに解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 脳とコンピュータ
  • ニューロン、基本素子、神経回路網
  • 神経回路網による情報変換
  • 対称結合の回路網のダイナミックス
  • 連想記憶モデルのダイナミックス
  • ボルツマン機械
  • ニューロンの学習
  • 多層の学習回路網
  • 神経回路網の自己組織化
  • 補稿 哲学における<コネクショニズム>(黒崎政男)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経回路網モデルとコネクショニズム
著作者等 甘利 俊一
黒崎 政男
書名ヨミ シンケイ カイロモウ モデル ト コネクショニズム
書名別名 Shinkei kairomo moderu to konekushonizumu
シリーズ名 認知科学選書 22
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1989.7
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4130130722
NCID BN03601589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89053417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想