神々の指紋 : ギリシア神話逍遥

多田智満子 著

魅力あふれる古代逍遥遊、ギリシアからエジプトへ。古典学・神話学への深い造詣と詩人ならではの感性と発想にきらめくエッセイ・紀行・詩。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神々の指紋(<詩>「失われた王国」より
  • パンドラの甕
  • 棄児の栄光
  • 大地の臍
  • <詩>石の多い土地にて ほか)
  • 2 旅のメモから(<詩>「エーゲ海の浦島」より
  • ギリシアの旅
  • アルカディアの春に
  • <詩>アルカディアの春
  • 初めてのギリシア ほか)
  • 3 神話散策(ぶどうと蜜
  • 蓮喰いびとの食べた蓮
  • 風の塔をめぐって
  • 琴のひびき
  • 穢れを秡う人々 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神々の指紋 : ギリシア神話逍遥
著作者等 多田 智満子
書名ヨミ カミガミ ノ シモン
出版元 筑摩書房
刊行年月 1989.1
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 4480812636
NCID BN03593527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89024712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想