朝鮮史・満洲史

稲葉岩吉, 矢野仁一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 朝鮮史
  • 緖言 / 3
  • 第一章 開國說話 / 5
  • 第二章 樂浪文化の攝收 / 17
  • 第三章 高句麗の發達 / 27
  • 第四章 日本の南鮮據有 / 37
  • 第五章 附庸國家の成長 / 45
  • 第六章 新羅の覇制力 / 58
  • 第七章 高麗の貴族政治 / 72
  • 第八章 契丹蒙古の迭襲 / 99
  • 第九章 蒙麗關係 / 117
  • 第十章 李氏朝鮮の革命工作 / 127
  • 第十一章 朝鮮時代の社會・政治及び文化 / 148
  • 第十二章 朝鮮史硏究の過程 / 187
  • 滿洲史
  • 第一篇 古代の滿洲
  • 第一章 滿洲の黎明 / 205
  • 第二章 箕子の移封 / 212
  • 第三章 滿洲と燕との關係 / 214
  • 第四章 滿洲と秦との關係 / 218
  • 第二篇 滿洲民族興起時代
  • 第一章 衞氏朝鮮 / 221
  • 第二章 滿鮮の六郡と其の變遷 / 224
  • 第三章 諸部族の興起 / 227
  • 第三篇 鮮卑族の活躍と高句麗の盛衰
  • 第一章 鮮卑族の活躍 / 237
  • 第二章 公孫氏の經略 / 239
  • 第三章 高句麗の發展 / 240
  • 第四章 高句麗の文化と其の影響 / 245
  • 第五章 高句麗發展時代に於ける他の滿洲諸部族 / 247
  • 第六章 高句麗と隋との關係 / 252
  • 第七章 高句麗と唐との關係 / 255
  • 第四篇 渤海時代
  • 第一章 渤海國の興亡 / 260
  • 第二章 渤海國の文化槪觀 / 273
  • 第三章 我が國との交涉 / 280
  • 第四章 渤海の疆域と渤海時代の滿洲 / 287
  • 第五篇 契丹時代
  • 第一章 契丹民族とその開國傳說 / 299
  • 第二章 勃興期に於ける契丹 / 303
  • 第三章 極盛期に於ける契丹と他民族との關係 / 316
  • 第四章 契丹と支那文化 / 329
  • 第六篇 金代史
  • 第一章 勃興時代 / 359
  • 第二章 獨立時代 / 367
  • 第三章 金國の支那化 / 379
  • 第四章 滿洲に於ける金の疆域 / 390
  • 第五章 猛安謀克と金の國勢 / 399
  • 第七篇 女眞族衰亡後に於ける滿洲
  • 第一章 金末の滿洲と蒙古の滿洲經略 / 411
  • 第二章 成吉思汗諸弟の分封 / 423
  • 第三章 乃顏哈丹の亂 / 426
  • 第四章 元の滿洲に於ける領域 / 431
  • 第五章 元末明初の滿洲 / 436
  • 第八篇 建州・海西兩女直中心の滿洲時代
  • 第一章 明代女直の種別と兀良哈三衞 / 441
  • 第二章 建州女直の變遷 / 450
  • 第三章 建州諸衞の盛衰 / 455
  • 第四章 明の邊牆 / 459
  • 第五章 海西女直の推移 / 466
  • 第九篇 淸朝の興起
  • 第一章 努爾哈齊の興起 / 471
  • 第二章 努爾哈齊(淸太祖)の建國 / 478
  • 第三章 明淸の衝突と太祖の死 / 483
  • 第四章 太宗の功業 / 490
  • 第五章 世祖の卽位及び北京定鼎 / 500
  • 第十篇 淸代の滿洲
  • 第一章 淸初の滿洲 / 502
  • 第二章 ロシアの黑龍江流域進出 / 523
  • 第三章 ロシアの黑龍江左岸及び沿海州併合 / 534
  • 第四章 日淸戰爭後のロシアの滿洲進出 / 548
  • 第五章 ロシアの旅順口・大連灣租借 / 565
  • 第六章 ロシアの全滿洲占領 / 584
  • 第七章 滿洲撤兵問題と日露戰爭 / 601

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 朝鮮史・満洲史
著作者等 矢野 仁一
稲葉 岩吉
書名ヨミ チョウセンシ マンシュウシ
出版元 平凡社
刊行年月 1941 7版
ページ数 609p 図版 地図
大きさ 23cm
NCID BN03590132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60006722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想