道の風土記

共同通信社 編

人が歩くところに「道」ができる。「道」はまた、人の往来を誘い、文化や技術を運んだ。征服者や兵士たちも駆け抜けた。北海道から沖縄まで、日本列島の「道」には、歴史が浸み込んでいる。この本は共同通信社から配信され、地方紙40紙に掲載された「新・日本風土記」で、全国から選んだ有名無名の「道」50回シリーズ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古代の回廊
  • 2 海山の暮らし
  • 3 信心に生きる
  • 4 旅日記を歩く
  • 5 物流事始め
  • 6 変革を求めて
  • 7 知と技の展開
  • 8 遊芸の旅
  • 9 再生に向かって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道の風土記
著作者等 共同通信社
書名ヨミ ミチ ノ フドキ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 1989.6
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4106003627
NCID BN03575026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89047527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想