ミナト神戸コレラ・ペスト・スラム : 社会的差別形成史の研究

安保則夫 著

本書は、明治期における新興港湾都市神戸を舞台に、コレラ・ペストの流行とスラムの形成に着目し、近代都市社会が、どのような背景のもとに、どのような戦略によって貧民たちを差別し始めたか、を明らかにし、そうした差別構造を明確にすることによって、どのように、自らを良民社会として作りあげていったか、を究明する。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 第1章 コレス・ペスト(防疫戦争
  • 神戸伝染病流行年史
  • 反撃-1886年のコレラ大流行
  • 監視-1890年のコレラ大流行
  • 包囲-1895年のコレラ大流行
  • 解体-コレラからペストへ)
  • 第2章 スラム(神戸市区改正論議
  • スラム対策の実施
  • スラム対策の進展
  • 貧民追放政策
  • スラムと被差別部落
  • 賀川豊彦-二重の眼差し)
  • 終章 騒擾へ

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 課題と方法 / p9
  • 課題 / p11
  • 方法 / p16
  • 第一章 コレラ・ペスト / p23
  • I 防疫戦争 / p25
  • II 神戸伝染病流行年史 / p43
  • III 反撃 一八八六年のコレラ大流行 / p59
  • IV 監視 一八九〇年のコレラ大流行 / p77
  • V 包囲 一八九五年のコレラ大流行 / p99
  • VI 解体 コレラからペストへ / p119
  • 第二章 スラム / p171
  • I 神戸市区改正論議 / p173
  • II スラム対策の実施 / p193
  • III スラム対策の進展 / p214
  • IV 貧民追放政策 / p233
  • V スラムと被差別部落 / p246
  • VI 賀川豊彦 二重の眼差し / p287
  • 終章 騒擾へ / p303
  • 権力支配の空間 / p305
  • 貧民窟 映像の自己完結 / p307
  • 騒擾へ / p309
  • むすびにかえて / p312
  • あとがき / p317
  • 索引 / p326
  • 目次
  • I 日本マッチ工業界における神戸の地位 / p1
  • II 神戸におけるマッチ工業の興隆 / p3
  • III 神戸マッチ工業の職工と労働条件 / p9
  • IV 神戸マッチ工業とスラム / p22
  • V むすび / p28

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ミナト神戸コレラ・ペスト・スラム : 社会的差別形成史の研究
著作者等 安保 則夫
書名ヨミ ミナト コウベ コレラ ペスト スラム : シャカイテキ サベツ ケイセイシ ノ ケンキュウ
出版元 学芸出版社
刊行年月 1989.6
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 4761530170
NCID BN03566637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89051161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想