土地政策と法

成田頼明 著

本書は、土地基本法の制定を機会に、行政法学者で実務に造詣の深い著者が、これまでの研究成果を整理集成して、昭和40年以後の土地政策と法の推移をたどりつつ、国民の土地に対する共通認識の確立をめざし将来への展望を開く、関係者必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 土地政策と法(総合土地対策の問題点
  • 空中・地下・海の利用をめぐる法律問題)
  • 国土計画・地域計画(国土計画と地方自治-若干の法律問題
  • 地域開発制度のあり方
  • 四全総と地方自治)
  • 土地利用と土地問題(計画法と土地問題
  • 土利用法の合理化と利権
  • 国土利用計画と土地利用規制について)
  • 都市再開発(西ドイツ都市建設促進法と若干の憲法問題
  • 都市再開発の課題)
  • まちづくりと法制度(生活拠点づくりの法制度的課題-地区建設計画制度の導入をめぐって
  • 今後の都市政策と立法課題
  • 魅力ある都市づくりへの法制度-その仕組みを点検する
  • 西ドイツの計画確保手続について
  • 受信障害問題の法的側面)
  • 土地利用(公用収用の法理とその新しい動向
  • 地下の高度利用と収用)
  • 水問題(水と広域行政
  • 雑用水利用促進の法的課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 土地政策と法
著作者等 成田 頼明
書名ヨミ トチ セイサク ト ホウ
書名別名 Tochi seisaku to ho
シリーズ名 行政法研究双書
出版元 弘文堂
刊行年月 1989.6
ページ数 316p
大きさ 22cm
ISBN 4335310668
NCID BN03565645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89048627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想