都市民俗学へのいざない  1 (混沌と生成)

岩本通弥 ほか編

現代日本の民俗文化は都市にこそ顕現しているという観点から、若き民俗学徒たちが新たな学問の確立をめざし、都市へと分け入り考察する情熱の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 語りの生成(キリンのいる街
  • 化物屋敷再考
  • 子どもと妖怪)
  • 2 家と生活(出郷者の「家」
  • 血縁幻想の病理
  • 都市生活のリズム)
  • 3 地域社会と企業共同体(都市民俗の創造
  • 町会と神社
  • 東京近郊の神社と祭り
  • 企業が祀る神社)
  • 4 盛り場と娯楽(都市と酒
  • 銀座の時間と空間
  • 銀座の宗教
  • 盛り場と墓地)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市民俗学へのいざない
著作者等 岩本 通弥
小林 忠雄
倉石 忠彦
書名ヨミ トシ ミンゾクガク エノ イザナイ
書名別名 混沌と生成
巻冊次 1 (混沌と生成)
出版元 雄山閣
刊行年月 1989.5
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4639008538
NCID BN03563694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90027152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想