家族の自然と文化

清水昭俊 編

公的領域と家内的領域、自然と文化の対比を用いて、諸民族の具体的事例から家族的事象を捉える一般的枠組を設定した社会人類学の新しいパラダイム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説-家族の自然と文化(清水昭俊)
  • インド社会における身体観と家族(竹村真一)
  • 民俗生殖理論と家族・親族(栗田博之)
  • 「我々は一体だ」-「家族」という語がない社会(斎藤尚文)
  • ミクロネシア・ヤップ島の土地を媒介にした集団(タビナウ)(牛島巌)
  • バリ島の家族とコミュニティ(鏡味治也)
  • あることなること-南米・アマゾン社会より(原毅彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族の自然と文化
著作者等 清水 昭俊
書名ヨミ カゾク ノ シゼン ト ブンカ
書名別名 Kazoku no shizen to bunka
出版元 弘文堂
刊行年月 1989.7
ページ数 229p
大きさ 22cm
ISBN 4335560729
NCID BN03556269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89048852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想