ウィトゲンシュタイン・文法・神

A.キートリー 著 ; 星川啓慈 訳

生の意義、すなわち世界の意義を我々は神と呼ぶ。祈りとは生と世界の意義についての思索である。「生活形式」「言語ゲーム」「文法」などの概念を応用し、ウィトゲンシュタイン哲学が現代宗教思想と切り結ぶ最前線のドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 狂ったハエにたいするウィトゲンシュタインの忠告
  • 第1章 宗教的信念とウィトゲンシュタインの哲学
  • 第2章 文法と宗教的信念の意味
  • 第3章 ウィトゲンシュタイン学派の新展開
  • 第4章 葛藤の系統化
  • 第5章 還元主義という問題
  • 第6章 言語における可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタイン・文法・神
著作者等 Keightley, Alan
星川 啓慈
キートリー アラン
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ブンポウ カミ
書名別名 Wittgenstein,grammar and God
出版元 法蔵館
刊行年月 1989.6
ページ数 192p
大きさ 22cm
ISBN 4831871729
NCID BN0355546X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90025734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想