風土の構造

鈴木秀夫 著

人間は、人間が考えている以上に環境の産物である。そのなかでも最も大きな意味をもっているのは気候である。気候条件のちがいを全地球的にとらえ、人間への影響を考察してゆくと、文化の様態がいかに多く気候によって形づくられているかがわかる。たとえば、離婚と気候の関係が推定される。日本で雪の多い地方は離婚が多かったのである。著者は、気候学が発見した新しい事実から、人間文化の形成に関して、ユニークな推論を展開した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界の風系(赤道西風帯
  • 亜熱帯高圧細胞
  • 中緯度偏西風帯
  • 極高圧部
  • 世界の気候区分)
  • 2 世界の気候と人間(物に及ぼす気候の影響
  • 人間への影響
  • ハンチングトンとイタイイタイ病)
  • 3 日本の気候区分(動く気候の図的表現
  • 気候区の大きさ)
  • 4 日本の気候と他の分布現象(動植物の分布と気候
  • 人間生活と気候
  • 局地的ないくつかの問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風土の構造
著作者等 鈴木 秀夫
書名ヨミ フウド ノ コウゾウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1988.2
ページ数 245p
大きさ 15cm
ISBN 4061588192
NCID BN03554139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88023484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想