オゾン層が消えた

ジョン・グリビン 著 ; 加藤珪 訳

フロンによるオゾン層の破壊は70年代に予測されていた。しかし南極の「オゾンホール」を予測した者はいない。事態の深刻さに誰も気付かなかったのだ。フロンの脅威。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 酸素、オゾン、生命
  • 第2章 超音速の問題児?
  • 第3章 スプレー缶戦争
  • 第4章 オゾン破壊物質と生物圏
  • 第5章 温室効果
  • 第6章 南極上空のオゾンホール
  • 第7章 全地球的な意味
  • 第8章 今後の行動戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オゾン層が消えた
著作者等 Gribbin, John
加藤 珪
グリビン ジョン
書名ヨミ オゾンソウ ガ キエタ
書名別名 The hole in the sky

Ozonso ga kieta
出版元 地人書館
刊行年月 1989.7
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 4805203137
NCID BN03552472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90028369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想