憲法新講

浅井幸男 著

本書は、人間の尊厳を基調とする日本国憲法を、すなわち日本国憲法の源泉となったポツダム宣言受諾と憲法の『前文』にいう「人類普偏の原理」=近代憲法の理念を再認識し、日本国憲法の存在の意義とその擁護の大切さを強調したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 憲法の意味
  • 憲法学の課題と方法
  • 近代憲法の成立とその原理
  • 現代憲法の展開と特徴
  • 明治憲法の成立と性格
  • 日本国憲法の成立と原理
  • 基本的人権の法思想
  • 立憲民主制の原理と制度
  • 法の支配の思想
  • 平和の法思想
  • 平等の法思想
  • 適法手続の法思想
  • 社会権の法思想
  • 政治参加の法思想
  • 憲法擁護の法思想(憲法保障制度
  • 違憲立法審査制)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法新講
著作者等 浅井 幸男
書名ヨミ ケンポウ シンコウ
書名別名 Kenpo shinko
出版元 法律文化社
刊行年月 1989.5
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 4589014440
NCID BN03550171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89044976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想