文明開化の光と影

笠原伸夫 著

豊饒な夢を織りなした文明開化の理想は暖衣飽食だったのだろうか。近代化の実相を鋭く探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 攘夷から開国へ
  • 2 馬琴の影
  • 3 首都東京の成立
  • 4 下層社会の闇
  • 5 都市流民の夢
  • 6 続都市流民の夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明開化の光と影
著作者等 笠原 伸夫
書名ヨミ ブンメイ カイカ ノ ヒカリ ト カゲ
書名別名 Bunmei kaika no hikari to kage
シリーズ名 叢刊・日本の文学 3
出版元 新典社
刊行年月 1989.5
ページ数 150p
大きさ 19cm
ISBN 478797503X
NCID BN03548409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89043091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想