ラン藻という生きもの

藤田善彦, 大城香 著

ラン藻は原核生物であるが、今日の植物の世界での生き方の基本である酸素光合成による独立栄養の生活を営む、はたして、ラン藻は植物なのか、それともバクテリアなのか。本書では、このユニークな一群の生物について、著者らがとらえた生物像を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 植物の世界の中のラン藻
  • 2 ラン藻のかたち
  • 3 ラン藻の生き方
  • 4 ラン藻の生きる世界
  • 5 ラン藻の歴史
  • 6 むすび-ラン藻という生きもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラン藻という生きもの
著作者等 大城 香
藤田 善彦
書名ヨミ ランソウ ト ユウ イキモノ
シリーズ名 Up biology
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1989.6
ページ数 134p
大きさ 19cm
ISBN 413063125X
NCID BN03546640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89051233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想