自己愛とエゴイズム

ハビエル・ガラルダ 著

自分を愛さない人間が人を愛せるだろうか。自分を信じない人間が人を信じられるだろうか。家族、友人の港へ向けて大海を漂う小舟である自分。ロンリネスの渕に沈まぬよう真の自己愛が針路を示す。自己自立への道を提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自己愛はナルシシズムではない(ナルシシズム
  • ナルシストの「転落」
  • 人の成功を喜べない
  • 自己満足と自己利益
  • 目立とうとする根性
  • 自己中心
  • 手に入れたものの価値が下がるという気持ち ほか)
  • 自己犠牲と自己主張を含む自己愛(自己犠牲
  • 「真昼の決闘」
  • 自己犠牲と幸せ
  • 港は幸せである ほか)
  • 良心の声に忠実である自己愛(良心の声の導き方
  • 良心の概念
  • 良心の由来
  • 良心の声と間違えやすい偽りの声
  • 気持ちの声
  • 感情の声
  • 我侭の声
  • 「慣れ」の声 ほか)
  • 自分であること(自分を信じる
  • 自信の土台
  • 評判
  • 失敗した後の成功の経験
  • 潜在意識的な生命力を信じる
  • 港を信じる
  • 誠実性
  • 仮面
  • 肯定すべき仮面ほか)
  • 精神的な根(精神的な根の特徴
  • 精神的な根の必要性
  • 精神的な根の条件
  • 基本路線
  • 趣味
  • 目標
  • 余裕のルセルボアー
  • 火花)
  • 沈黙の中の充実した孤独(大衆の中の孤独というロンリネス
  • 環境のせいで
  • 自分のせいで
  • ロンリネスがもたらす傾向と誘惑
  • ソリチュードの場合に経験できる一致感
  • 沈黙の中の孤独の必要性と意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己愛とエゴイズム
著作者等 Garralda, Xavier
ガラルダ ハビエル
書名ヨミ ジコアイ ト エゴイズム
書名別名 Jikoai to egoizumu
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1989.6
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4061489550
NCID BN03546516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89047251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想