自然・労働・協同社会の理論

内山節 著

近代市民社会の原理を超える共同性回復の道すじ。自然と人間、人間と人間の関係を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 私たちにとって自然とは何か(私が山村から学んできたもの
  • 自然と人間の関係について)
  • 第2講 私たちにとって現代社会とは何か(1930年代と今日との類似性とは何か
  • 根無し草の大衆はどこから生まれたか
  • 不安な大衆について
  • 歴史の見方について
  • 自然-人間関係の変容と現代社会との共通性について)
  • 第3講 私たちにとって共同性とは何か(普遍性の2つの概念
  • 人間の存在における時間的普遍性の回復をめざして-人間の存在の関係性の回復、その2つの側面
  • 再び広義の労働について
  • 広義の労働の回復とは何か
  • 近代社会とは何であったか-近代革命の過程での2つの面
  • 再び労働とは何かについて-労働によって創造されるもの
  • 広義の労働と関係性の回復)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然・労働・協同社会の理論
著作者等 内山 節
書名ヨミ シゼン ロウドウ キョウドウ シャカイ ノ リロン
書名別名 新しい関係論をめざして
シリーズ名 人間選書 137
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1989.5
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 4540890352
NCID BN0354310X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89050878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想