原子論・分子論の原典  1

化学史学会 編 ; 赤平清蔵 [ほか]訳

本書は、17世紀から19世紀前半期にいたるまでの、原子論と元素、原質論との展開を扱っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 粒子論哲学からニュートン原子論へ-キリスト教的原子論の系譜
  • 2章 ボスコヴィチの原子論
  • 3章 近代的元素概念の確立をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子論・分子論の原典
著作者等 化学史学会
赤平 清蔵
書名ヨミ ゲンシロン ブンシロン ノ ゲンテン
書名別名 Genshiron bunshiron no genten
巻冊次 1
出版元 学会出版センター
刊行年月 1989.4
ページ数 216p
大きさ 21cm
ISBN 4762225835
NCID BN03542355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89039104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想