安国寺恵瓊

河合正治 著

豊臣秀吉の天下統一を授けたものに僧侶安国寺恵瓊があることを知る人は少ない。東福寺の住持で一方位予六万石の大名になった幅の広い人生を持ち、毛利氏の外交僧として敏腕を揮い、転換期を泳ぎながら、ついに関ケ原の役に石田三成・小西行長らとともに西軍の主謀者として処刑される波瀾の一生を、確実な史料によりその全貌を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 恵瓊のおいたち
  • 毛利氏の外交僧
  • 天下一統の情熱
  • 豊臣政権と恵瓊
  • 隆景・広家と慶瓊
  • 東福寺の住持
  • 諸建築の経営
  • 関ケ原の役-恵瓊の最期
  • 略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安国寺恵瓊
著作者等 日本歴史学会
河合 正治
書名ヨミ アンコクジ エケイ
書名別名 Ankokuji ekei
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1989.7
版表示 〔新装版〕
ページ数 153p
大きさ 19cm
ISBN 4642051643
NCID BN02346544
BN03536137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89047280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想