権力・個人・憲法学 : フランス憲法研究

樋口陽一 著

[目次]

  • 法思想における個人(現代法思想における個人主義の役割-第三共和制フランスの公法学から見たナチズム法思想の論理構造)
  • 権力の構造(楽観的現代社会論と懐疑的現代社会論の間-「1968年」以来のフランス憲法学
  • 同質=多数派デモクラシーと異質=協調デモクラシー-<cohabitation>体験の比較憲法論上の射程)
  • 権力の自由(2つの「自由」、または「公正」の代価-1984年のフランス新聞法制を素材として)
  • 憲法学(憲法学の「法律学化」をめぐって-第五共和制におけるフランス憲法学の新傾向
  • 「憲法学」の対象としての「憲法」-フランスの場合を素材として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 権力・個人・憲法学 : フランス憲法研究
著作者等 樋口 陽一
書名ヨミ ケンリョク コジン ケンポウガク
シリーズ名 法学選書
出版元 学陽書房
刊行年月 1989.6
ページ数 241p
大きさ 20cm
ISBN 4313430318
NCID BN03536002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89052280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想