十八世紀パリ生活誌  上

メルシエ 著 ; 原宏 編訳

200年前のパリの臭を嗅ぎ、ぬかるみを疾駆する馬車の騒音や、物売りの声に身をつつまれるまさにそんな思いに読者を引きこむのがこの一書。革命前夜のパリの街を隅なく歩きまわった作家メルシエ(1740‐1814)が、大都市に生きる人々姿をヴィヴィッドに描きだした貴重な記録。本邦初訳。収録図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 パリ概観(大都会の相貌
  • パリ、または隠遁地
  • 建築物
  • 都の人口
  • 雑居
  • おしゃべり
  • パリの物売りの声
  • 一日の時々刻々
  • ボン=ヌフ ほか)
  • 2 さまざまな階層の人々(八つの階級
  • ふたつの貴族身分
  • 召使い・従僕
  • 小間使い
  • かささぎのミサ
  • 靴職人
  • 金銀細工師川岸 ほか)
  • 3 家庭・宗教・祝日(夫
  • 女友達の友情
  • 父親を前にした子供たち
  • 結婚適齢期の娘
  • ハム定期市
  • 復活祭の二週間 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十八世紀パリ生活誌
著作者等 Mercier, Louis-Sébastien
原 宏
メルシエ L.S.
書名ヨミ ジュウハッセイキ パリ セイカツシ
書名別名 タブロー・ド・パリ

Juhasseiki pari seikatsushi
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.6
ページ数 456p
大きさ 15cm
ISBN 4003345517
NCID BN03533751
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89048516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想