中世に於ける社寺と社会との関係

平泉澄 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 時代の區劃 / 1
  • 中世 / 1
  • 政治史と文化史の時代區劃の異同 / 2
  • 時の流れ / 4
  • 區劃の條件 / 5
  • 文化史と政治史との關係 / 6
  • 中世の發端 / 11
  • 中世の終結 / 13
  • 第二章 社寺勢力の根柢 / 16
  • 神社の數 / 16
  • 寺院の數 / 18
  • 從來の通說 / 19
  • その妄誕 / 22
  • 近世の寺院數 / 25
  • 中世の寺院數 / 29
  • 近世に於ける寺院制限政策 / 31
  • 中世に於ける寺院の集合 / 33
  • 寺領 / 37
  • 僧侶の數 / 47
  • 出家の性質 / 49
  • 第三章 社會組織 / 54
  • 神社に於ける座 / 54
  • アジールの研究 / 54
  • アジールの意義 / 58
  • 自然人のアジール / 62
  • 西洋古代のアジール / 70
  • 西洋中世のアジール / 87
  • 西洋近世のアジール廢絶 / 97
  • 對馬の天道山 / 99
  • 中世以前にアジール殆んどなし / 113
  • 中世に於けるアジールの發逹 / 115
  • 大通寺 / 118
  • 福聚寺 / 121
  • 彌彥神社 / 126
  • 三河の一向宗寺院 / 127
  • 謠曲に現るゝアジール / 130
  • 高野山の遁科屋 / 132
  • アジールの禁止 / 137
  • アジールの變形 / 142
  • アジールの名殘 / 147
  • 我國に於けるアジールの性質 / 154
  • 社會組織上の意義 / 155
  • 第四章 經濟生活 / 159
  • 社寺と商業 / 159
  • 市場の發逹 / 159
  • 市場の經營 / 164
  • 門前町 / 166
  • 神人の交易 / 173
  • 僧侶の商賣 / 174
  • 商品の製造 / 178
  • 保管委託 / 180
  • 金融機關としての寺院 / 184
  • 賴母子と無盡 / 193
  • 講 / 196
  • 爲替 / 197
  • 社寺と工業 / 206
  • 社寺と農業 / 207
  • 社寺と交通 / 208
  • 關所 / 209
  • 參詣者 / 220
  • 巡禮 / 220
  • 旅宿の發逹 / 225
  • 御師 / 225
  • 僧侶と道路橋梁 / 239
  • 寺に宿る / 240
  • 座 / 242
  • 座の起原 / 243
  • 座の性質 / 247
  • 第五章 精神生活 / 261
  • 特に敎育を主とす / 261
  • 敎科書 / 262
  • 往來物に關する從來の研究 / 263
  • 往來の著作年代 / 264
  • 往來著作の目的 / 289
  • その著者 / 294
  • その對象 / 300
  • 寺院を學校とす / 308
  • 入學年齡 / 318
  • 修業年限 / 319
  • 寄宿と通學 / 319
  • 日課 / 320
  • 學生々活 / 320
  • 敎師として僧侶を招聘す / 327
  • 佛語の流布 / 330
  • 敎育思想 / 331
  • 第六章 社寺の沒落 / 336
  • 社寺は中世社會の中心 / 336
  • 社寺滅亡の原因 / 337
  • 社寺の武力 / 338
  • 應仁乱後の趨勢 / 341
  • 社寺の武裝 / 343
  • 豪族との提携 / 346
  • 天下の統一と社寺の滅亡 / 349
  • 社寺を驅逐せる新なる勢力 / 354
  • 社會組織 / 355
  • アジールの消滅又は制限 / 355
  • 經濟生活 / 357
  • 關所撤廢 / 357
  • 座の衰亡 / 361
  • 精神生活 / 365
  • 儒者と私塾 / 365
  • 寺子屋の意義 / 366
  • 新なる敎育精神 / 369

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中世に於ける社寺と社会との関係
著作者等 平泉 澄
書名ヨミ チュウセイ ニ オケル シャジ ト シャカイ トノ カンケイ
書名別名 Chusei ni okeru shaji to shakai tono kankei
出版元 至文堂
刊行年月 1926
ページ数 374p
大きさ 22cm
NCID BN03531756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57010973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想