自由は土佐の山間より : 自由民権百年第三回全国集会

土佐自由民権研究会 編

立志社が国会開設の建白を行なった1877年当時の土佐は僻遠の地で東京から高知まで4、5日の困難な旅だったが、新日本建設の方途を探る全国各地の青年はぞくぞくと土佐に来た。そして、地元民権青年たちが、"よしや南海苦熱の地でも、粋な自由の風が吹く"と歌いながら走り回っている渦中に飛び込み、民権学習に励んだ。それから100年後、奇しくもその土佐で自由民権100年第3回全国集会が開かれ、民主主義の危機を憂える多数の研究者と今日の民権家が参集し、「歴史に学び新しい歴史を切開く」ことを考え、語り、見聞した。本書はその全容である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 土佐における未知の民権運動
  • 自由民権と現代
  • 自由民権運動における土佐の位相
  • 自由党の活動と土佐派
  • 初期高知県会と民権派
  • 3大事件建白運動と土佐
  • 大同団結運動について-立憲改進党とのかかわりを中心として
  • 後藤象二郎の地方遊説
  • 初期議会と民党
  • 土佐の自由民権と部落問題
  • 自由民権運動と明治地方自治制
  • 地域社会の変容と地方自治要求
  • 自由民権運動の遺産継承と資料の発掘にふれて
  • 民権100年運動から資料館への道
  • 自律民権の遺産と今日的意義
  • フランス革命と女性-人権宣言と女権宣言
  • 「女権小説」の世界-女子参政権の問題を中心に
  • 地域における民主主義運動と歴史研究活動について
  • 現代の自由民権-平和的生存確立の課題
  • 座談会「自由民権と現代」まとめ
  • 「たのしい民権教室」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由は土佐の山間より : 自由民権百年第三回全国集会
著作者等 土佐自由民権研究会
書名ヨミ ジユウ ワ トサ ノ サンカン ヨリ
書名別名 Jiyu wa tosa no sankan yori
出版元 三省堂
刊行年月 1989.5
ページ数 421p
大きさ 20cm
ISBN 4385349517
NCID BN03529834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89042580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想